メタボリックシンドローム    

メタボリックシンドロームの診断基準
メタボリックシンドロームを知ることでメタボリックシンドロームの予防と対応が出来る
メタボリッシンドローム症候群の特徴は自覚症状がわずかであるということです。
それは現れ始めながら、1--2日のなどの痛みなどをともない。
その兆候は、メタボリッシンドロームの場合にゆっくり進歩をするので、ほとんどわかりません。
兆候がしたがって、消えるとき、病気がしばしばかなり進むので,
それが遅過ぎることでさえ楽しませていないと言うことができます

メタボリックシンドロームと肥満

肥満は、大きく分けて「皮下脂肪型肥満」「内臓脂肪型肥満」 に分類されます。
「皮下脂肪」は皮膚の下に付く脂肪のことで、二の腕や太ももを指でつまんだ時、皮膚のすぐ下についていることが分かります。
「内臓脂肪」は、内臓そのものにつく脂肪のことです。
これは、ただ脂肪のついている場所が違うということではなく、病気になる危険度で大きな差があります。
「メタボリックシンドローム」として問題になるのは、「内臓脂肪」であり、重大な疾患に進みやすい危険性をはらんでいるのです。

メタボリックシンドローム内臓脂肪に多いタイプは、「隠れ肥満」のタイプが多いということです。「皮下脂肪型」の場合は、 外見からも太っているのが分かりやすいのですが、「内臓脂肪型」の場合、むしろ「やせて見えるのに、お腹だけがぽっこり出ている」 というケースが多いので、肥満の自覚がない場合が多いのです。また、日本人は少ないエネルギーでも内臓に貯め込みやすいという遺伝子を持っているらしく、「内臓脂肪型肥満」になりやすいという特徴を持っています。

ではなぜ、メタボリックシンドローム内臓脂肪がつくと、命の危険性が高まるのか?
それは、メタボリックシンドローム内臓脂肪の細胞からは、身体の代謝に関わる物質が分泌され、中には悪玉の物質もあるので、生活習慣病の危険性を高めるのです。

メタボリックシンドローム内臓脂肪の中には、善玉の物質も分泌され、動脈硬化を抑えたり、体内の糖の代謝をスムーズにしたり、高血圧を抑えるという効果もありますが、これは内臓脂肪が適正にある場合です。
内臓脂肪が過度に増えてくると、こうした善玉物質が減ってしまい、血栓が出来やすくなるような物質や、血圧を上昇させる物質が分泌されます。

メタボリックシンドローム高脂血症

メタボリックシンドローム高脂血症とは、体内に取り込んだ脂質の代謝が追いつかずに、体内に残った脂肪が血液中に増えすぎている状態を言います。
メタボリックシンドロームの診断基準になるのは、高脂血症の中でも、以下の場合です。

メタボリックシンドローム「高中性脂肪血症」・・・中性脂肪が多い
メタボリックシンドローム「低HDLコレステロール血症」・・・
善玉のHDLコレステロールが少ない

中性脂肪が多く、善玉コレステロールが少ないと、動脈硬化が進む危険性が高くなるのです。
しかし、女性の場合は、どちらのコレステロールも
低いと生命の危険性が高く,ガンの発症率も高くなります。
ですから、メタボリックシンドロームとコレスルテロール値は、一概に関連つけるのは、危険です。

続きはこちらから>>>

メタボリックシンドーロム症候群 メタリッシンドローム血液サラサラCOM メタボリックシンドーロムと肥満  メタボリックシンドーロムと成人病  メタボリックの対応法 メタボと成人病対策 包茎は健康保険で治せる 私のメタボリックと今日のキーワード 真性包茎は健康保険で治せる メタボリックシンドーロムと肥満Yahoo メタボリックシンドーロムと肥満 肥満がメタボリックに メタボリックの対応法 メタボリックシンドーロムの秘策 メタリッシンドロームとの闘い! メタボリックシンドローム予備軍 肥満はストレス・・・メタボリックの道へ メタボリックシンドローム 肥満大王メタリック王国 メタボのためのダイエット メタボリックシンドロームライフ 骨ブーツとメタボ メタリッボリック親爺! 目の病気シリーズ メタボリック生活習慣病 Yahoo メタボリックシンドローム BLOOD-COM  Yahooブログメタボリックとの闘い  BLOODメタボ メタボ健康生活COM メタボリックシンドロームの教科書とその対応

yabu3439COM